2003年05月

2003年05月24日

2003田植え

1855fbe5.jpg
参加者  田植え  32名(内子供4名) 発足会  28名(内子供2名)会員数50組64名と昨年の1.5倍の会員数、またアメリカから来ている英語の先生や遠くは滋賀県の方まで、顔ぶれ豊に八千穂美醸会の活動が始まりました。本年も、酒米“ひとごこち”の栽培にでは八千穂村での第一人者である須田徳之さんにお願いし、五月晴れの晴天の中、田植え体験会・発足懇親会を行いました。本年から田植え稲刈りはご家族の同伴を可能にしましたので28名の会員とお子様4人の参加者となました。ギャラリーくろさわで受付を済ませた方から酒米の田植え体験をさせて頂く千曲川縁のたんぼへと移動し早速、裸足もしくは田植え長靴姿となって頂きました。須田さんに苗のもちかた、植え方の始動を受け、先ずは、種苗用のポットにぎっしりと育った苗を引き抜き、発泡スチロールや腰蓑に採り準備が整ったところで、たんぼに横一列となって植え始めてい頂きました。人数からするとたんぼは少し狭いくらいでしたが、田植え初体験の方も多く、慣れない手つき・腰つきで一生懸命植えて頂きました。さすがに人数も多く一人につき1.5M位ずつの幅を前に前に進んでいきましたので、真っ直ぐ植えるための綱張りも忙しく約一時間ほどで田植え終了となりました。
5aa99fe3.jpg
また、合鴨農法に取り組むために合鴨が逃げ出さないようにネット張りも昨年までは須田さん、事務局、有志の方で行っていたのですが、人出も増え時間的な余裕もありましたのでやって頂きました。アゼに沿って杭を打ちそこにネットを縛り付け張っていくわけですが、今年は他の動物に狙われたり、脱走したりといった事がない事を祈るばかりです。田植え・ネット張り終了後、千曲川から取り入れた冷たーい水で手足を洗い流し、須田さんのご好意でお茶と手造りのおにぎりや煮物を頂きました
a5371da1.jpg
場所をギャラリーくろさわに移し、発足(懇親)会を行いました。田植えのみ発足会のみ参加という方もいらっしゃり田植え体験会より大人数での開会となりました。この日の為にこの春できた美醸会の特別純米酒を生原酒で囲っておいたものと山菜や鹿汁などの郷の料理などを味わって頂き懇親を深めました。自己紹介やカラオケで盛り上がり、少々のみ過ぎてしまった方もいらっしゃったのでは・・・・
0d6f914d.jpg
アメリカはミシガン州出身のハロルドさんは当日が丁度24歳のBirthday。御代田中学に英語教師として来日して1年数ヶ月、日本酒が一番好きとの嬉しい自己紹介でした。


at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会