2004年09月15日

餓えてます

e6ca59ea.jpg
でかくなって飢えてます。
野菜や草では満足せず
やっぱり穀物がほしい
そういう状態で
これからどうしましょう。

at 17:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)合鴨情報 

2004年08月24日

すっかり・・・

3d489d2a.jpg
すっかり成長して成鳥になりました。
もう泣き声も可愛げがありません・・・

at 17:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)合鴨情報 

2004年06月15日

入荷

7a45c47e.jpg

 ぴーぴーぴーと合鴨達が今年やってきました。
今年は田んぼでは働かないのですがある使命を
果たすために計11匹食っちゃあ飲んで寝てを
元気に繰り返しています。
2,3週間は巣箱で飼いますがその後どうしましょうかねぇ…


at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)合鴨情報 

2004年05月22日

田植え体験会・発足会

1fe86848.gif
参加者  
田植え  32名(内子供4名)
発足会  28名(内子供2名)
今年度の会員数は57組66名、
内新入会員20名と顔ぶれ新たにスタートいたしました。

天気予報では晴れると言う事でしたが
なんとも怪しい雲行きの中、27名の会員さんに
田んぼに集まっていただきました。
田んぼの方では田んぼの持ち主で田植えの指導を
してくださる須田さんが準備万端で
待っていてくれました。
まずは育苗ポットからの苗の抜き方、持ち方、
植え方の指導をしていただき早速裸足になったり、
長靴を履いて作業開始しました。
bce66c8c.gif
指導していただいたとおりまずは育苗ポットから
苗を抜き取る作業から始めました。

ある程度苗を抜き取ったら発泡スチロール等に
まとめて入れ、いよいよぬるっとひんやり気持ちのいい
田んぼへ横一列にいっせいに入っていただくと同時に
歓声やどよめきがあがりました。
綱にそって真っ直ぐに植えていただくのですがさすがに
2年目3年目の方はもう慣れた手つきでスタッフ顔負けに、初めての方も慣れない手つきながらも一生懸命に植えていただきました。やはり大人数でやると仕事も早く、約1時間ほどで終ってしまいました。

6d992933.gif
田植え終了後、用水路で使用した道具と自分達の手足を洗って無事田植えは終了しました。須田さんの御好意で田んぼの横でお茶をいただき気分はすっかり百姓気分(?)で楽しいひと時を過ごしました。









0d78dbf5.gif
「ギャラリーくろさわ」に移動し発足会を行いました。
田植えのみ参加の方もいらっしゃり発足会のほうが
少人数での開会となりました。
メニューは今回の会のために保存しておいた
2003BYの無濾過生原酒、ヒドケ(山菜)のてんぷら、
ハヤ(川魚)のからあげなど郷の米と水で造った郷の酒、
郷の料理を味わっていただきました。
今回は発足会ということで皆さん一人ずつ自己紹介として
一言ずつしゃべっていただいたので新しい会員さんもすぐに
打ち解けたのではないでしょうか?

aa3fc0c7.jpg
会長・副会長選出

八千穂美醸会の会長を引き続き野沢汎雄さん、
副会長を昨年前掛けのデザインを担当していただいた
公文順二さんに引き受けていただくこととなりました。

合鴨議会

えー合鴨。今年度の合鴨はどうしましょうか?
と、いうことで発足会参加の皆さんで決める事にしました。
そして三つの案が出ました。
?田んぼに放し雑草、虫取りをしてもらい新酒を味わう会で
皆さんのお腹に入れる。(昨年と同様)
?田んぼに放すのは中干しなど後々大変なので飼うだけに
して新酒を味わう会で食す。?飼わない。食べない。

この三つから多数決で決めることになり
過半数を占めた?に決まりました。


at 17:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会 

2004年02月29日

2003上槽

102d6089.jpg
2月29日(日)午後1時より    
参加者21名
いよいよ皆さん待ちに待った、お酒の完成の時がやってまいりました。
今回は21人の会員さんに出来たてのお酒を味わって頂きました。

730ece47.jpg
上槽をする前に最後の櫂入れをしてもらいました。モロミを味わいながらお酒が出てくるのを待ちました。皆さん今か今かとそわそわしながら圧搾機の説明を聞きます。モロミをタンクから圧搾機に送り出してか10分くらいで圧搾機からお酒が出てきました。待ちに待った出来たてのお酒です。
皆さんお味はどうだったでしょうか?
ビンに詰めたものとは一味も二味も違ったのではないでしょうか?
723fd6a3.jpg
他では味わえないですね。
.翌日、粕を圧搾機から
はがしとりました。
段数が少し多かったのか
粕が少しうすかったです。
この粕は皆さんに
新酒祝の時に
味わって頂く予定です。
鴨君と一緒に…

at 01:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会 

2004年02月28日

2003醗酵状況

2月8日  室温 6.5℃  品温 9.3℃
2月9日  室温 6.5℃  品温 11.0℃
2月10日  室温 6.0℃  品温 12.0℃
2月11日  室温 8.0℃  品温 13.0℃
2月12日  室温 9.0℃  品温 13.5℃

午後2時ごろ櫂入れをして
モロミ、温度を均一します。
モロミの表面。
2月13日  室温 9.0℃  品温 13.9℃

タンクのまわりに断熱シートを巻き
モロミの温度が下がらないようにします。
モロミの表面。昨日とそんなに変わらないですね。
今日の品温が13.9℃なので後2,3日で1℃位上がるかな。
2月14日  室温 9.0℃  品温 14.5℃
今日は気温が結構高かったので品温が意外と上がりました。このくらいの温度で2.3日一定にしたいと思います。

最高品温になったので断熱シートを
上の部分だけ外しました。 2月15日  室温 8.0℃  品温 15.2℃
2月16日  室温 6.0℃  品温 15.0℃

泡の状態が少し変わってきました。
このような泡の状貌をチリメン泡といいます。 2月17日  室温 7.0℃  品温 14.2℃

タンクの断熱シートをすべて外しました。 2月18日  室温 7.0℃  品温 13.7℃
2月19日  室温 8.0℃  品温 12.5℃

今日は暖かく春のような陽気でした。 2月20日  室温 10.0℃  品温 12.0℃
2月21日  室温 10.0℃  品温 11.5℃
今日はアルコール度数を測定しました。15.9度ともう飲んでも十分酔っぱらえますが後一週間ゆっくり待ちましょう。
2月22日  室温 13.5℃  品温 11.8℃
今日は室温が上がってしまい品温も少々上がりました。

タンクのまわりに水を入れ冷却し始めました。
これで日曜日の上槽まで温度管理します。 2月23日  室温 9.0℃  品温 11.0℃
2月24日  室温 7.5℃  品温 8.2℃
タンクのまわりに水を入れたので品温が下がりましたね。この調子で1日0.5度ぐらいずつ冷やしていきます。
今日アルコール度を分析したところ17.5度でした。順調です。
2月25日  室温 10.0℃  品温 8.0℃
2月26日  室温 10.0℃  品温 8.0℃
2月27日  室温 7.0℃  品温 7.8℃
0.5℃ずつ冷やす予定でしたが昨日まで暖かったのでなかなか温度が下がりませんでした。
今日アルコール分析の結果は17.8度でした。うーん。ちょっと順調とは言いがたいですが
後2日楽しみに待ちましょう。


at 01:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2004年02月08日

2003仕込

b6fb5c5b.jpg
11月から始まった仕込みも本番を迎え、いよいよ八千穂産ひとごこち
(新美山錦)を使用した美醸会の特別純米酒の仕込を行う段となりました。
1/27に酒母を仕込み、2/5添仕込、2/7仲仕込、2/8留仕込を行い
約22日の醗酵を経て2/29には上槽(絞り)の予定です。
2/7・8にはそれぞれ24名16名の会員を集め仕込みの体験会を行いました。


4b211a41.jpg


出来立ての43℃前後ある麹をほぐし
冷却して留めの仕込みに使用しました
室温40℃近い麹室の中での切り返しの作業


甑で蒸すこと約1時間、蒸しあがった蒸米を掘り出し
冷却します。そして麹室と仕込みタンクへ運びます。

麹室に運んだ蒸米にもやし(麹菌)をまきます。

蒸米をタンクに入れます。
711f1cf5.jpg

蒸米を入れ終わったら櫂棒でよく撹拌します。


無事目標通りの設定温度に仕込めました。
fd97991d.jpg

仕込み終了後、懇親会。
オリジナルラベルの製作中。


at 01:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会 

2003年09月21日

2003

6月22日  合鴨放田 合鴨小屋作り

田植えから1ヶ月がたち稲の分けつも順調です。

鴨の小屋作りとカラスよけ。
7月8日
本日は県の改良普及センターさん・JA佐久浅間さんによる圃場視察指導会がありました。上々の生育状況とのお墨付きをいただき一安心です。あと10日ほどで幼穂形成期に入りそこから20日ほどで出穂を迎えるとのことでした。穂揃いを迎えると合鴨たちの移動の仕事が待ってます。まだ決定ではありませんが8月9or10日お手伝いしてくれる人募集してまーす!!
7月23日
背丈が80cmを越え幼穂形成期に入りました。約1cmの穂になる部位(写真左)がこれから夏の日差しを受け、20日ほどでとび穂(花が咲く)となります。だだ、梅雨が明けず日照時間が短く気温が上がらないので3~4日遅れている計算になるのでしょうか・・・・
8月7日
酒米ひとごこちの契約圃場でとび穂(出穂)が確認されました冷夏で生長が遅れているというのが大方の見方で、また作況指数はとても悪いとの予想でとても心配ですが、何とかとび穂が確認されました。やはり数日遅れているようです。これからの天気に期待ですが・・・・・


穂が出揃い花が咲きました。そして受粉するわけですがその時に晴れている日が続いていないと実にならないのだそうです。果たして、上手く実るのでしょうか。
23日には、赤坂会員(佐久市)の協力の元、鴨用のネットをアゼに移しました。穂がネットに絡んでいたので、それを離す事によりスズメの影響を少しでも防げる事でしょう。今年は特に貴重なお米となりそうですから・・・



at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2003年09月20日

2003稲刈り

朝から小雨がぱらつき天気が心配されましたが、幸いにも午後からは雨も上がり
稲刈りをして頂き、また終了後には収穫祭と題し懇親会を行いました。

参加者 田植え21名  発足会 23名
当日は朝から、人数と時間に合わせた面積を残すように、約3分の2の機械狩りを行いました。
何とか持つかなと思っていた天気も
小雨が降りだし稲刈りができるか危ぶまれたのですが、何とか回復して体験していただく事ができました。先ずは刈り方や、注意点の説明を受け
一斉に刈取りをはじめていただきました。
今回はご家族で参加していただいた方もいらっしゃり
元気に初めての稲刈りを楽しんで頂けたのではと思います。
やはり年配の方は昔とったキネヅカと言うのでしょうか、すばやい手つきで刈り取りや稲を束ねていらっしゃいました。
幸い、カマでけがをされた方も無く、無事終了しました。
刈った稲を稲藁で束ね
天日乾燥の為ハゼかけを行います。
天日でじっくり乾燥させる事により手間はかかりますが
味はのるようです。
約一ヶ月の後、スルスを行い精米します。

2時間半ご無事刈り終え須田さんのご好意で
お茶を頂きました。
be0826fe.gif
収穫祭(懇親会)は黒澤酒造の精米所で行いました。
炭火で焼いた合鴨肉や牛肉そしてダッチオーブンで鴨の丸焼きを作りお酒と共に味わって頂きました。合鴨肉は少し脂身と言うか、皮が苦になりましたが、肉はおいしかったです。また、美醸会に写真の会で入って頂いている方々のご好意により、田植えの模様の写真展示も行われました。
合鴨ちゃんたち成仏して下さい。

合鴨のロースト(丸焼き)

鶏等に置き換えてキャンプやガーデンパーティの時にお試し下さい。

用意するもの  
ダッチオーブン
中抜きした(臓物を取り除いた)合鴨一羽
セロリ、紫蘇、パセリ、バジル等香草類
たまねぎ、じゃがいも、にんにくなどの野菜と、レモン、各適量。


合鴨の皮、腹の部分に塩コショウを塗りつける。

2 腹の部分に香草類を詰め込み爪楊枝でとめる。

3 ダッチオーブンをおき炭で、過熱し、オリーブオイルを引き、腹を下にして真中に合鴨、その回りにじゃがいも、たまねぎ、にんにくなどの野菜をまるごと並べ最後に、レモンのスライスをのせて蓋をする。

4 火加減は下は弱めであまり炭の注ぎ足しはせず、上は強火で1時間半位焼く。

5 ぶつ切りにして骨の回りの肉までかぶりついてお召し上がり下さい。


合鴨の炭火焼

合鴨をモモ、ムネ、ハツ、砂肝、レバーに分け塩コショウをふりかけ焼く
お好みでレモンをかけてお召し上がり下さい

さばく際に骨の周りについた肉はすいてミンチにして味噌、片栗粉、山椒などを混ぜてツクネにします。



at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会 

2003年05月24日

2003田植え

1855fbe5.jpg
参加者  田植え  32名(内子供4名) 発足会  28名(内子供2名)会員数50組64名と昨年の1.5倍の会員数、またアメリカから来ている英語の先生や遠くは滋賀県の方まで、顔ぶれ豊に八千穂美醸会の活動が始まりました。本年も、酒米“ひとごこち”の栽培にでは八千穂村での第一人者である須田徳之さんにお願いし、五月晴れの晴天の中、田植え体験会・発足懇親会を行いました。本年から田植え稲刈りはご家族の同伴を可能にしましたので28名の会員とお子様4人の参加者となました。ギャラリーくろさわで受付を済ませた方から酒米の田植え体験をさせて頂く千曲川縁のたんぼへと移動し早速、裸足もしくは田植え長靴姿となって頂きました。須田さんに苗のもちかた、植え方の始動を受け、先ずは、種苗用のポットにぎっしりと育った苗を引き抜き、発泡スチロールや腰蓑に採り準備が整ったところで、たんぼに横一列となって植え始めてい頂きました。人数からするとたんぼは少し狭いくらいでしたが、田植え初体験の方も多く、慣れない手つき・腰つきで一生懸命植えて頂きました。さすがに人数も多く一人につき1.5M位ずつの幅を前に前に進んでいきましたので、真っ直ぐ植えるための綱張りも忙しく約一時間ほどで田植え終了となりました。
5aa99fe3.jpg
また、合鴨農法に取り組むために合鴨が逃げ出さないようにネット張りも昨年までは須田さん、事務局、有志の方で行っていたのですが、人出も増え時間的な余裕もありましたのでやって頂きました。アゼに沿って杭を打ちそこにネットを縛り付け張っていくわけですが、今年は他の動物に狙われたり、脱走したりといった事がない事を祈るばかりです。田植え・ネット張り終了後、千曲川から取り入れた冷たーい水で手足を洗い流し、須田さんのご好意でお茶と手造りのおにぎりや煮物を頂きました
a5371da1.jpg
場所をギャラリーくろさわに移し、発足(懇親)会を行いました。田植えのみ発足会のみ参加という方もいらっしゃり田植え体験会より大人数での開会となりました。この日の為にこの春できた美醸会の特別純米酒を生原酒で囲っておいたものと山菜や鹿汁などの郷の料理などを味わって頂き懇親を深めました。自己紹介やカラオケで盛り上がり、少々のみ過ぎてしまった方もいらっしゃったのでは・・・・
0d6f914d.jpg
アメリカはミシガン州出身のハロルドさんは当日が丁度24歳のBirthday。御代田中学に英語教師として来日して1年数ヶ月、日本酒が一番好きとの嬉しい自己紹介でした。


at 00:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会