2005年02月07日

もろみの状況 15

室温 6.0℃  品温 10.8℃
日本酒度 -13.0  アルコール度 17.0%

at 16:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2005年02月06日

もろみの状況 14

室温 6.0℃  品温 11.2℃


at 15:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2005年02月05日

もろみの状況 13

室温 6.0℃  品温 11.5℃
日本酒度 -17.0  アルコール度 16.1%  酸度 2.2

だいぶアルコール度数も出てきてお酒らしくなってきました。
このまま順調に醗酵が進めば来週予定通り上槽できそうです。

at 16:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2005年02月04日

もろみの状況 12

室温 6.0℃  品温 11.8℃

at 16:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

八千穂美醸会会報

本日八千穂美醸会会報を発行いたしました。
尚、同封の新酒を味わう会出欠のご確認、2005年度八千穂美醸会継続確認の葉書はお早めにご返信お願いいたします。

at 16:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)体験会 

2005年02月03日

もろみの状況 11

室温 6.0℃  品温 12.2℃
日本酒度 -28.0  酸度 2.0

at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2005年02月02日

もろみの状況 10

室温 6.0℃  品温 12.9℃

at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

子孫繁栄??

なっなんと、恩赦?により斬首を逃れた、つがいの合鴨たちが仲間たちの死を惜しんで子孫を反映させようと思ったの定かではありませんが、卵を産みました。しかも4個も・・・・まあ、この寒い時期に生んでも親は温めるのを止めてしまう(ダッシュ村のウケウリですが・・・・)らしく冷え切った状態で発見されました。あの時、メスを4羽・・・しましたがそれらしきもの有りませんでしたよね?心辺りと言えばなんか粒々したかえるの卵より小さいのが出できた記憶はありましたがそれが10日足らずで鶏とほぼ同様の卵になるのでしょうか??驚きです。これから春先になってまともに温めだしたら来年の田植えの頃には2世誕生となるのでしょうか??

さて卵を折角なので割ってみました。鶏卵よりも黄身がでかいです。もう凍ってしまっていると思いましたが幸いフレッシュな状態で出てきました。ちょっと臭いが生臭かったです。
そしてもったいないので玉子焼きにして食べてみました。ごく普通の玉子焼きでした。残りの3個は当社の従業員が持っていってお毒見です。運良く絞りの時や新酒祝の時に卵を産み、子育て放棄しましたら皆様にゆで卵にしてお出ししますのでお楽しみに。
しかし、もともとつがいだったものが残ったのだとしたら捕まえた方 Good Choice!!
5ec694f6.jpg
712eb155.jpg
f9c975ff.jpg


at 00:21|PermalinkComments(1)TrackBack(0)合鴨情報 

2005年02月01日

もろみの状況 9

室温 5.0℃  品温 13.2℃
ボーメ 3.6  酸度1.8

at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況 

2005年01月31日

もろみの状況 8

室温 6.0℃  品温 14.0℃

at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)醗酵状況